HOME » 我が家のピアノ オーバーホール体験談

我が家のピアノ オーバーホール体験談

今まで来た調律師の皆さんに「買い直した方が良い」と勧められ、他社でも「修理は無理です」と断れてきたピアノ…。そんな我が家のピアノが熟練した職人さんの手で見事に甦りました。

「古いピアノだから…」と言って買い替えを考える前に、まずは私の体験をまとめましたので読んでみて下さい。

買い替えしかないと諦めていたピアノが生まれ変わるまで

「大成ピアノのゲルス&カルマン」私が使っていたのは、30年くらい前、小さい頃に買ってもらったピアノ。大手メーカーではなく大成ピアノのゲルス&カルマンというピアノで、実はネット上での評判はイマイチ。でも、音色が気に入って小さい頃から愛着がありました。

しかし、古くなるにつれて不具合が出るようになり、何年も放置していました。

 

相談した業者からは、ショックな回答が続々と…

「またピアノを弾きたい」と思った時にはすでに遅し…。調律師さんやピアノの先生、ピアノ修理メーカー数社に相談しましたが、「三流メーカーだからよく分からない」と門前払いされたのを皮切りに、さまざまな答えが返ってきました。

「ピン板にヒビがはいっているから調律できない」と、ピン板の交換とチューニングピンの全交換、アクション部品の交換、ピアノ線の全張替。さらに、フレーム(鉄骨)の塗り替えと響鳴板の塗り替えもすすめられました。

他にも「古いから」と言う理由だけで、「部品を全部替えなくてはダメ。それなら、新しいピアノを買った方が良い」と、結局は買い替えの話になったところもありました。

 

「少しの修理で大丈夫!」と言ってくれたのは昭和楽器さん

ところが、昭和楽器さんに相談したところ「大成ピアノはネットで不良品だという噂が先行していますが、品質はとても良いんです。部品交換は必要だと思いますが、まだまだ使えますよ」と、初めて「修理」という言葉が出たのです。

実は、大成ピアノではチューニングピンが稀に緩いものが見つかるらしいのですが、太いピンに替えるだけで直るそう。ところが、他の業者だと修理ができず、買い替えを勧めるという結論に至ってしまうのだとか。

ちなみに昭和楽器では今まで8,000台以上の大成ピアノの修理をしているそうで、「うちは60年以上やってるピアノ修理屋で、ベテランの技術者もたくさんいます。大成ピアノに精通したスペシャリストを人選しますので、是非、拝見させてください」とのこと。

無料で点検してもらえるとのことで、早速見てもらいました。

 

無料点検の結果を聞いて、さらにビックリ

もう古いし、修理ができると言っても、やはり大掛かりなオーバーホールは覚悟していた私。ところが、点検の結果を聞いて驚きました。

「ピン板にヒビなんか入ってないですよ。チューニングピンは緩いところのみ交換すれば大丈夫。いろんな太さのチューニングピンがあるから、緩くなったらひとまわり太いのに交換すれば良いだけなんですよ」

たったこれだけのことでした。

他の業者が言っていた「フレームの塗り替えも、響鳴板の塗り替えも、アクション部品の交換もピアノ線の全張替もやる必要などなかったのです。

 

買い替えなくてよかった…昭和楽器さんに頼んで本当によかった!

動きの悪くなった部分を分解して直して、、調律、整調(タッチ調整)、ピアノの中のクリーニング、塗装を手作業で丁寧に仕上げてもらい新品同様に!タッチも良くなり、快適に弾けるようになりました。

点検の時にアドバイスをいただいたのですが、恐らく今まで来てもらっていた調律師さんは調律をするだけで他の調整などは何もしていなかったので、古くなるにつれ具合が悪くなったようです。調律師さんが、ピアノの変化に合わせて調整をしてくれれば何年経っても快適に弾いてこれたのかもしれません。

また、他社の場合、「ここもここも修理して●●円」というパックを謳っていますが、本来修理が必要ない部分はあまり修理するべきではないということも教えてくださいました。私が心を打たれたのは「本来の修理とは、ピアノの個性を生かし、当時の音を忠実に取り戻すことなんですよ」という言葉。

まるで我が子を愛おしむような眼差しでピアノを見てくださり、お任せして本当によかった!と心から思いました。

 

調律師さんの技術に感動

調律師さんはピアノの状態をよく見て、私のタッチの好みに合わせて、一からすべて調整をやり直してくれました。悪い所を直すだけでなく、弾いた感触や音色が私好みになったので本当に驚きました。

今までの調律師さんは、上げたり下げたりを何度も繰り返しながら調律をしていたのに…、ピタッピタッとどんどん音が合っていくのです。調律はどの業者さんもあまり大差ないと思っていましたが、こんなに音が違うとは目からうろこでした。

昭和楽器の調律師さんは、あらゆるピアノメーカー、年式の調律や修理を手掛けているそうで、ピアノの個性やクセに合わせた調整が得意なのだとか。まさにピアノに関するスペシャリストだなと感心してしまいました。定期調律の時に調整もしっかりしてもらうためにもピアノ修理屋さんに調律をお願いするべきだと、とても勉強になりました。

修理後の見た目は新品そのもの!丁寧な作業で修理内容は本当に納得ができました。金額も適正価格で良心的だと思います。愛着のあるピアノ。皆さんも買い替えを考える前にまず修理が可能かどうか相談して欲しいと思います。

「大成ピアノのゲルス&カルマン」を昭和楽器で修理していただきましたこの写真は、ピアノの仕上がりの確認をしに埼玉・越生にある昭和楽器さんの修理工房に行ったときに撮影したものです。
修理工房は清潔感があり、とても綺麗な場所でした。こういう所で大切なピアノを修理していただけたと思うと、とても気持ちがいいです。

修理業者の中には、修理をしている場所を見せてほしいといっても見せてもらえない所もあるのだそう。業者を選ぶ際には、現場を見せてもらえるか確認するのもよいと思います。

私がオーバーホールを依頼した昭和楽器さんのHPはこちら