HOME » ピアノを長く使い続けるには » 大切なピアノの移動・引越し方法

大切なピアノの移動・引越し方法

引越しやリフォーム、模様替えなどでピアノを移動する時の注意点や、引っ越しの際の調律のタイミングについて詳しく解説しています。

数メートルの移動でも専門業者に依頼しましょう

基本的に、ピアノは一度設置したら移動しない方が望ましいです。それは、環境の変化は木を使った楽器にとってもっとも危険だからです。とはいえ、引越しやリフォーム、模様替えなどで移動せざるを得ない状況になったら。その時は、業者に依頼しましょう。

なかには、「数メートルなら大丈夫だろう」と自分で動かしてしまう方もいますが、ピアノはちょっとした振動でも音色が変わってしまうほどのデリケートな楽器。運び方によって、目に見えない部分での性能や寿命に大きな影響を与える可能性もあるので、例え数メートルの移動であっても業者に依頼することをお勧めします。

しかも、ピアノは高価な楽器ですし、万が一のトラブルの際に全く同じものと交換することができません。専門の業者に依頼すれば、ピアノの移動知識を持っているので安心して任せることができます。

まれに、引っ越し業者によってはピアノ運びの知識に乏しい人が家具と同じ感覚で運ぶこともあるので、心配ならピアノ専門の運送業者に依頼しましょう。

引っ越し業者にピアノ移動を依頼すると、ぶつけてキズを付けたり、内部に余計な振動を与えたりして正常な動作をしなくなることもあります。

ピアノを修理に出す際、移動と修理を同じ業者に依頼するのが安心

移動料金や調律料金の比較だけでピアノの調律や修理と移動を別々の業者に依頼してなにか起きたとき、これは運送の原因で壊れたとか、これはピアノの修理がいい加減だからだとか、責任の所在がはっきりしないトラブルになることもあります。

1つの業者にトータルで頼めば、何かあったとしても全て責任をもって対処してもらえるので安心です。

引越しの際の調律はどのタイミングがベスト?

定期的にメンテナンスされているピアノは、引越し後(移動後)に調律してもらいましょう。

何年も調律をしていなかったピアノは弦が緩んで音が下がっています。移動前に音上げをしておき、移動後に仕上げの調律。2度に分けて、間隔をあけて調律をすることによって、ピアノへの負担が軽減され落ち着きもよくなります。

引っ越し後は当日に調律をした方が良いという意見もありますが、移動したことによる狂いよりも、新しい環境になじむ間に徐々に調整が狂うケースが大半です。移動当日は、運送業者が帰る前にすべての鍵盤の音がきちんと出ているか、ペダルの機能が正常かなどを確認できればOKです。

調律は、ピアノが新しい環境の影響を受けた1週間から1ヵ月経った後に依頼しまよう。そうすることで、より早く新しい環境にピアノをなじませることができますし、思わぬピアノの悪化を未然に防ぐことができます。